ホビークラフト

チューブから直接描けて、 とても生地に浸透しやすい絵具です。 アイロン定着後は、ご家庭での洗濯 およびドライクリーニングが可能です。シルクペインティングの輪郭(防線) としてもお使い頂けます。


グッタ 20ml


チューブ 全9色:各 ¥600(税抜)

コットン・麻・シルクなどの天然繊維の生地に適しています。ノズルの先が細いので、線や点などを描くことができます。

アイロン定着について
塗布面が乾燥した後、塗布面に当て布をするか、生地の裏側から生地に合った温度で、均一にドライアイロンをあてて下さい。
※塗布面30cm四方に対して約3分がアイロンの目安です。

注意点
・染める前の生地は糊や汚れを落としてからご使用下さい。
・生地に撥水加工を施してある生地には定着しません。


カラーチャート(クリックするとPDFが開きます)


▼生地別洗濯実験表を見る


生地の種類 洗濯判断 備考
綿100% 滲みにくく、塗りやすい。色鮮やかな発色が得られ、風合いも損なわず洗濯後の色落ちに強い
麻100% 滲みにくく、塗りやすい。色鮮やかな発色が得られ、風合いも損なわず洗濯後の色落ちに強い
シルク(絹)100% 良い発色が得られ、生地をゴワゴワと固くしません。絵具の定着力◎
デニム(綿)100% 良い発色が得られ、生地をゴワゴワと固くしません。絵具の定着力◎
綿35%+ポリエステル65% 良い発色が得られ、生地をゴワゴワと固くしません。絵具の定着力◎
ポリエステル100% 塗りやすく発色も良いが、ポリエステルの種類により色落ちする場合があります
ナイロン100% 塗りやすく発色も良いが、ナイロンの種類により色落ちする場合があります
レーヨン100% 塗りやすく発色も良いが、レーヨンの種類により色落ちする場合があります
ベロア100% 色落ちには強いが、ベロア本来の質感より多少ごわつき感が残ります
ウール100% ウール本来の質感より多少ごわつきがあり、洗濯後多少色落ちが見受けられます
フェイクファー(ポリエステル)100% 毛の長さ4cm × 毛足が長いため、塗りにくく、描いた後ごわつきます
エスパ(ナイロン83%+ポリエステル17%) × 発色は良いが、洗濯するとかなり色落ちします
フリース(ポリエステル100%) × 起毛しているため、塗りにくく、描いた後ごわつきます
皮革(表面が塗装加工されている物)※ペイント実験のみ・洗濯実験なし × 発色はよくありません。乾拭き程度ではあまり色落ちしませんが、革用クリーナーで拭くとかなり色落ちします
皮革の裏地(表面が塗装加工されていないもの) 発色は良いが、素材表面が凸凹しているため、多少塗りにくい

色落ち・色移りを防ぐために

  • ナイロン・レーヨン等の一部の化学繊維やオーガンジー等の薄手・平織り生地、特殊な加工をした生地の場合、絵具の定着がよくないことがあります。
  • 生地のはぎれ・目立たない所で試し塗り・色移りテストをして下さい。
  • 塗布面が乾燥した後、塗布面にあて布をするか生地の裏から、生地にあった温度で均一にドライアイロンをあてて下さい。※塗布面30cm四方に対して約5分がアイロンの目安です。

グッタの使い方


1. グッタのキャップを外します。


2. アルミ部分にマチ針などの尖ったもので小さな穴を開け、ノズルをもどします。


3. チューブの底の方を持ち、押しながら描きます。(紙などに試し描きをされるとよいでしょう)


カラーレステクニック


1. グッタカラーレスで描きます。


2. カラーレスが乾燥したら、セタカラーを上から塗ります。


3. セタカラーが乾燥後、アイロンをかけて定着させます。 定着後、描いた生地を水で洗い流すとカラーレスで描いた部分だけ絵具が剥がれてとれます。


ノズルが詰まったときの対処法


絵具が詰まってノズルから出にくい場合は、ノズルの先から針やクリップの先を刺して、固まった絵具を取り除いてください。